性格を見抜く【人相学】

ヒトの「性格や人間性」は【顔】を見れば解る・・・

インターハイ男子注目校(7)福岡第一(福岡)「目指すは頂点のみ! 昨年の雪辱に燃える最強集団」(バスケットボールキング)

time 2019/07/28

ブランド和牛アフィリエイトブログを作る記事セット!(株式会社天空)の悪評のレビューあり?

ブランド和牛アフィリエイトブログを作る記事セット!を販売している
株式会社天空さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:新チーム発足後は未だ無敗の福岡第一[写真]=大澤智子

7月28日から8月2日にかけて鹿児島県で行われる「令和元年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」。バスケットボールキングでは、“令和初”の高校チャンピオンを決する夏の全国大会を前に、今大会で見るべき注目チームをピックアップした。

■男子注目チーム(7)福岡第一高校(福岡県)

 昨年のウインターカップ、戦った5試合すべてで20点差以上をつけて優勝した福岡第一高校。真骨頂の高速バスケットで武蔵野の森総合スポーツプラザを魅了したその強さは、新チームに入ってからも継続中だ。

 今年の中心は、“ダブルキャプテン”という形でチームを引っ張る小川麻斗、河村勇輝(ともに3年)の最強ガードコンビ。昨年であれば、小川は「シュート」、河村は「パス」というイメージが強かったが、当然それぞれがレベルアップを図っている。

「去年は外のシュート、中に切り込んでも自分でフィニッシュまで持っていってたんですけど、今はアシストもできるようになってきていると思います」(小川)

「自分が(シュートを)打った方が流れがよくなるので、(打てるタイミングの時は)思い切って打つようにしています」(河村)

 そして、この2人とともにウインターカップ優勝メンバーであるクベマジョセフ・スティーブ(3年)の存在も大きい。彼がリバウンドやスクリナーなどの泥臭いプレーを献身的にこなすからこそ、周りの選手もミスを恐れずプレーできると言っても過言ではない。今年は得点源の1人としてもチームをけん引しており、203センチながら速攻にも必ず顔を出す。

 小川、河村、スティーブという不動の3本柱とともに、スターターに名を連ねるのが神田壮一郎と内尾聡理(ともに3年)。190センチの神田は、主に3ポイントやリバウンドで貢献し、井手口孝コーチからは「オールラウンダーになれ」と期待を寄せられている。

 一方の内尾は、毎試合相手エースのマークマンを託される、言わば“エースキラー”的存在。しかし本人は「まだまだです。周りに助けてもらっている場面がたくさんあるので、もっと自分で守れるようにならなきゃいけない」と謙遜気味だ。

 新チーム以降も各地の大会で強豪校を撃破し、未だ公式戦無敗の福岡第一。そのほとんどの試合で快勝を収めているが、接戦に強いこともしっかり証明している。開志国際高校(新潟県)に「2点差で勝った」(小川)3月のおきなわカップ決勝、第1クォーターで10-22とされたインターハイ予選の福岡大学附属大濠高校(福岡県)戦でも、後半に逆転して1枠しかない本戦切符を獲得した。

 河村と松崎裕樹(現・東海大学1年)を代表活動で欠いて臨んだ昨年は、まさかの初戦敗退。だが、今年はベストメンバーがそろうため言い訳は許されない。

優勝して当たり前――。

 そのプレッシャーを跳ね返せるか。

文=小沼克年

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:新チーム発足後は未だ無敗の福岡第一[写真]=大澤智子

7月28日から8月2日にかけて鹿児島県で行われる「令和元年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会(インターハイ)」。バスケットボールキングでは、“令和初”の高校チャンピオンを決する夏の全国大会を前に、今大会で見るべき注目チームをピックアップした。

■男子注目チーム(7)福岡第一高校(福岡県)

 昨年のウインターカップ、戦った5試合すべてで20点差以上をつけて優勝した福岡第一高校。真骨頂の高速バスケットで武蔵野の森総合スポーツプラザを魅了したその強さは、新チームに入ってからも継続中だ。

 今年の中心は、“ダブルキャプテン”という形でチームを引っ張る小川麻斗、河村勇輝(ともに3年)の最強ガードコンビ。昨年であれば、小川は「シュート」、河村は「パス」というイメージが強かったが、当然それぞれがレベルアップを図っている。

「去年は外のシュート、中に切り込んでも自分でフィニッシュまで持っていってたんですけど、今はアシストもできるようになってきていると思います」(小川)

「自分が(シュートを)打った方が流れがよくなるので、(打てるタイミングの時は)思い切って打つようにしています」(河村)

 そして、この2人とともにウインターカップ優勝メンバーであるクベマジョセフ・スティーブ(3年)の存在も大きい。彼がリバウンドやスクリナーなどの泥臭いプレーを献身的にこなすからこそ、周りの選手もミスを恐れずプレーできると言っても過言ではない。今年は得点源の1人としてもチームをけん引しており、203センチながら速攻にも必ず顔を出す。

 小川、河村、スティーブという不動の3本柱とともに、スターターに名を連ねるのが神田壮一郎と内尾聡理(ともに3年)。190センチの神田は、主に3ポイントやリバウンドで貢献し、井手口孝コーチからは「オールラウンダーになれ」と期待を寄せられている。

 一方の内尾は、毎試合相手エースのマークマンを託される、言わば“エースキラー”的存在。しかし本人は「まだまだです。周りに助けてもらっている場面がたくさんあるので、もっと自分で守れるようにならなきゃいけない」と謙遜気味だ。

 新チーム以降も各地の大会で強豪校を撃破し、未だ公式戦無敗の福岡第一。そのほとんどの試合で快勝を収めているが、接戦に強いこともしっかり証明している。開志国際高校(新潟県)に「2点差で勝った」(小川)3月のおきなわカップ決勝、第1クォーターで10-22とされたインターハイ予選の福岡大学附属大濠高校(福岡県)戦でも、後半に逆転して1枠しかない本戦切符を獲得した。

 河村と松崎裕樹(現・東海大学1年)を代表活動で欠いて臨んだ昨年は、まさかの初戦敗退。だが、今年はベストメンバーがそろうため言い訳は許されない。

優勝して当たり前――。

 そのプレッシャーを跳ね返せるか。

文=小沼克年

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー

アーカイブ

ページビュー

  • 5339pv


sponsored link